ホログラムディスプレイ ハコあに(英語名 Holo case)

Indiegogoというクラウドファンディングでハコあにこと【Holo case】のプロジェクトを開始しました!


ハコあに(英語名 Holo case)はホログラムのような映像を映し出す装置です。

iPadや同じサイズのAndroidタブレットを使って映像を映し出すことができます。

たった1000円の指輪にハコあにでエフェクトをあてるとこの通り。

商品の展示にもとても役立つアイテムです。

ハコあにの映像制作も簡単です。

こちらはグラスに炎を映した映像。

グラスは実物のものを準備し、ハコあにの中に入れてあります。

映し出した映像は以下のもの。

iPadに炎の映像を映すだけで、こんなにすごいエフェクトを投影することができるのです。

次はキャラクターを投影したものです。

東北ずん子というキャラクターをハコあにに投影しています。

ハコあにはなぜiPad対応なのか?

iPadやAndroidのようなタブレットを使うことによって様々なアプリ開発ができます。

以下はUnityで作ったサンプルです。


映像を3面、または4面対応でつくり、タブレットにそれを表示するだけで立体映像のアプリになります。

ハコあにとは?

アニメキャラの3D映像を投影するディスプレイです。

ハコあに対応動画をタブレットやスマフォから再生すると、立体的に見えます。

Amazonで販売中です

 

http://www.amazon.co.jp/dp/B009GDS6F8/